コラム多重債務、理事長コラム 借金住宅ローンについて語ります。

住宅ローン、熟慮の必要あり

2011年7月18日(日)

最近のご相談で深刻な話が住宅ローンの延滞問題です。

ほとんどの皆さんが話される事は収入の減少及びボーナスカットによる延滞の発生です。

住宅ローンはそもそも住居費として考える中、固定資産税やマンションであれば、 管理費・修繕費の積み立てに至るまで、総額を考えると単純に家賃=住宅ローン額では もちろん成り立たない話です。

自宅ローン ここで皆さんよく勘違いされるのは、高い家賃を払うくらいなら家を購入しよう!との考えに至る事です。
住居費は各家庭の総収入(手取り額が考えてください。)の10%−20%が好ましいとされていますが、 大都市圏ではなかなか前述の比率では難しく、最大限25%迄で 考慮すべき事です。 そもそも結婚と同時に広い家に住み始め、 または、子供の誕生に合わせ、家の住み替えをしますが、大切な事は夫婦二人で共稼ぎであれば、家はほとんど寝に帰る場所であり、 広いスペースの必要性を感じません。

また、子供の誕生で大切な事は、広い家の用意ではなく、清潔な家の用意です。幼き子供には、 家の広さより見守ってくれる母親が大切かと 思いますので、収入が減る中、家賃の高い家への転居は論外かと思います。

子供の誕生までに、もしくは子供にお金を必要とするまでに、より多くの頭金を用意し、 住居費(25%以下)の設定をした上で、計画的に自宅を購入する事が望ましいかと思います。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求  再生委員とは  住宅ローンと団信  覚えてない督促状

≪≪債務整理の考え方      複雑な相続問題≫≫

任意売却について / 住宅ローン延滞 / ローンの延滞問題 / 家を売るなら検討

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

自己破産メリット債務整理、個人再生過払い金請求手続き離婚は密接関係親の借金

スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved