月例・被害者交流会旅行イベントは、京都散策ツアー京都三大祭りの一つ「葵祭」の見学

時代絵巻に酔いしれた京都散策ツアー・クレサラ被害者交流会

2016年05月15日(日)

京都御所葵祭今年の恒例行事(京都散策ツアー)は、京都三大祭りの一つ「葵祭」の見学をメインイベントに行いました。
葵祭はよく耳にしておりましたが、実際に目にする機会もなく、参加者全員が大変感動を覚えたツアーとなりました。
一言で述べると「これぞ京都」に尽きるかと思うくらい、圧巻の行列を目の前で見る事ができ、時の経過を忘れ去っていたように思います。
それでは、今年の楽しかった京都ツアーをご紹介させていただきます。

●メインイベント「葵祭の見学」

斎王代・葵祭今年は、葵祭の見学を最優先にプランを考え、朝早くからの集合になりました。
まぁー起こり得る話です。お寝坊さんが出現し、出足からアクシデントの勃発がありましたが、リカバリーが成功し、大幅な遅れや予定変更もなくスタートする事ができました。
京都御所前の駐車場に9:30には集合でき、全員(お寝坊さん以外)で御所に向かい、行列見学に備えました。10:00には、行列見学の為に御所内の沿道に陣取り、最前列で葵祭の始まりを待っていました。
京都を知り尽くしたご夫妻のご案内で、行列出発前の準備段階を沿道より見学し、長時間ゆっくり楽しむ事ができました。写真にあるように、平安時代を彷彿させる衣装や小道具類を充分楽しむ事ができ、目を離す暇もなかったように思います。 まさしく「時代絵巻」そのものでした。

騎馬・葵祭牛車・葵祭


ランチ、ホテル セントノーム京都11:30頃には、見学も終え京都御所を後に、お待ちかねのランチに向かいました。
今回は、京都を満喫するだけあって、ランチも京都らしい内容を選んでいただき、ちょー大満足でした。ちなみに写真の美味しそうなお店は、ホテル セントノーム京都1階にあります「京料理 山水」でした。
「おばんざい」に「蒸し寿司」と言えば、京都そのものと言っても過言ではない内容でした。
ややお上品に食事を堪能しながら、葵祭の感想を述べながら、楽しい楽しいランチタイムを過ごし、午後の部をスタートさせました。

●坂本龍馬と酒蔵の街 伏見を散策

内田漬物午後の最初は、恒例の「おたべ本館」と「打田漬物本店」への試食・買い物タイムからスタートしました。 いつもと違い、ランチ後だったので、試食は控えめでしたが、買い物はいつも通り熱心にしておりました。

その後、伏見方面に向かいましたが、目に入る印象的な光景が、川沿いに建つ酒蔵の美しさでした。 川と一体化した景色は本当に美しく、木造建築の素晴らしさを改めて認識させられたように思いました。

大蔵記念館 伏見月桂冠見学今回は、日本酒の歴史勉強も兼ね「月桂冠大倉記念館」の見学を行いました。
大倉記念館は、新築された建物ではなく、月桂冠の歴史そのものと言った風情が溢れ、館内に一歩入るやいなやレトロ感一杯です。
ドライバー以外は、利き酒を楽しむ事もでき、とっても得した気分になれたんではないでしょうか?(入館料は、300円/1人は必要ですが、お土産に月桂冠をいただく事ができますよ。)
こうして、日本酒勉強を終え、最終目的地の「寺田屋」に向かいました。

有名すぎる「寺田屋」は、観光客で一杯でしたが、坂本龍馬を偲ぶだけではなく、幕末の「鳥羽・伏見の戦い」に思いをはせる事もでき、大満足でした。
16:00頃、寺田屋を最後に、今回の大変充実した京都散策ツアーを無事に終えることができました。

寺田屋の碑龍馬通り

大変盛り沢山な京都散策ツアーに、参加者全員が大満足でした。
毎年、趣向をこらした内容を用意して下さるご夫妻の見識の深さに、感謝の気持ち「ありがとうございます」一杯です。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

自己破産相談  民事再生手続とは   現行利息法制  裁判所の郵便物

≪≪毎年恒例の楽しい1泊旅行      「クレサラ実務研究会」に参加≫≫

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

自己破産の解説過払い請求相談室債務整理相談室               

スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved