家を売るなら任意売却の検討もありかな?大阪

家を売るなら任意売却の検討

下線1

住宅ローン中の自宅は、契約時にかなりの頭金を用意してない場合、オーバーローンになっている事がほとんどです。
オーバーローン状態は、家の価値と住宅ローンの残債を比べた折に、残債の方が多く残っているケースです。
最近は、新築住宅販売会社の広告を見ても「頭金0円」等と記されているチラシが多く、無理なローンの源と言っても過言ではありません。 「家を売りたい」「家を売るしかない」等の状態になっても、住宅ローンが残っている場合は「任意売却」が有効な売買方法となります。

家を売るセール

任意売却も有効な手段

「任意売却」は、住宅ローンの残債がある場合に債権者(抵当権者)と事前打ち合わせを行い、売買価格が決定され、売却活動が始まります。
基本的に家の持ち主が、自主的に売買を行う状態になる為「競売」などとは、状況は大きく違うと言えます。
「任意売却」を依頼後より住宅ローンの返済をストップする事が可能になりますので、延滞の心配もなく、家が売れるまで、住み続ける事により、本来の生活再建が行えると思います。
厳しい生活を強いられ、住宅ローンに振り回されているご家族にとっては、家を手放す事になりますが、任意売却によって新たなスタート地点に立てます。

無料相談はこちら ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

有効な解決手段

ご家族にとって、住宅(家)は何より大切な家族の居場所ですが、購入当初の無理なローン計画や世帯収入の変動で、維持・継続が困難になるケースは多々あります。
ギリギリまで頑張り過ぎず「家を売る」と決断できれば、任意売却を含め、ご家族にとって最良の選択をすべきです。
ご家族にとって、お子さんにとって、一番大切にすべきは「家族内での揉め事がない」状態を作る事ではないでしょうか? 住宅ローンの返済やクレジットカードの返済に月々追われると、相手の立場や気持ちを受け入れる許容範囲が狭くなりギスギスしますね。 お子さんにとっては、家を売り家がなくなる現実より両親の不仲の方が厳しい環境だと思えます。
正直、住宅ローンの返済が厳しければ、任意売却の検討も行ってみるべきではないですか?

無料電話相談・メール相談・大阪府下、兵庫県下、京都府下、奈良県下、 滋賀県下での無料相談会など実施しております。

任意売却無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、過払い金請求債務整理相談室大阪

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved