任意売却を再確認,大阪,神戸,京都の任意売却無料相談実施中

任意売却を再確認

下線1

●任意売却って?

「任意売却」と耳にする機会が多くなりましたね。
お分かりの方には簡単なんですが、 何を売却するか初めての方には難しいかと思います。

簡単にお話すると住宅(不動産)の売却方法なんですが、まだ住宅ローンを支払い中の方が、 支払い困難になった場合などに行います。 勿論、住宅ローンと実際の家の価値を比べると、はるかに住宅ローン残債が残っているケースが多いです。自宅の部屋の中

最近の住宅購入は、頭金の用意もせずフルローンは当たり前ですし、 状況によっては抱えている債務(借金)分まで上乗せして借入(購入)している事もあります。

こうして何とか購入したマイホームですが、家計費に占める住宅費が異常な割合となり、支払い困難になります。
その結果、せっかく購入した住宅を手放す事になりますが、住宅ローンが残っている上に、 残債以上の価値が住宅にない為「任意売却」になります。

余談ですが、任意売却で売買できなければ、競売になります。

無料相談はこちら ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

●住宅ローンの支払困難って?

マイホームの購入(住宅ローンの契約) からやや無理をしているご家族が多くなっている中、家計収支の管理が難しくなってしまう場合がよくあります。

大黒柱であるご主人の収入が不景気で減額したり、お子さんの成長に合わせて家計収入が増加しなかったり等、 多くの困難が待ち構えています。
また、収入面の問題だけではなく、ご家族の中から病気や怪我による入院等、 数々のアクシデントが生活上おこってきます。

様々な状況下、住宅ローンについて約定返済が困難になれば、 お手持ちのクレジットカードでキャッシング等を行う前に、今後についてご相談すべきです。

住宅ローンも借金の一部です。
信販会社(クレジットカード)や消費者金融(サラ金)、銀行のカードローンと基本的には同じです。
返済が困難になれば、 借金を借金で支払っても、どんどん借金を増やすばかりです。

●生活再建って?

前述の通り、住宅ローンも借金のため、無理な借入を繰り返し返済を続ける前に「借金問題」 として考慮していただく方がご家族の生活再建には近道になるかと思います。

案に住宅があるだけに「不動産(資産)」と思込みがちですが、まったく価値のない住宅のため、 安易に不動産売買(任意売却)と発想する事は危険なんです。

なぜかご説明すると、任意売却の後には途方もない借金が残るため、 通常は「自己破産」を行います。
と言うのも任意売却した後、住む事もない住宅のローン残金を支払われる方は、 今後の住居費(家賃)を考慮しても有り得ないと言って過言ではありません。
要するに、根本的な生活再建を行うには、 任意売却をする事がすべての解決ではないのです。どこまで言っても「借金問題」と考え、 問題解決の為に必要事項として住宅売買(任意売却)を行うので、行動する折には順序を間違えないようにお考えいただきたいです。

無料電話相談・メール相談・大阪府下、兵庫県下、京都府下、奈良県下、 滋賀県下での無料相談会など実施しております。

任意売却無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、過払い金請求債務整理相談室大阪

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved