借金を隠すな!誰にも言えない秘密は弱みであり、悩むことになる。恐れない。

逃げるな脅えるな!そして隠すな

下線1

借金を隠すと弱みになる。

借金があなたを苦しめるのではなく、くだらない見栄やプライドに縛られているあなた自身が自分を苦しめていませんか?
借金があることの事実は受け入れるしかありません。返済を続けていけば、いずれ少しずつでも借金は減っていくと考えつつ、毎年徐々に増やしてきた借金はもう限界です。

世間では、人前で借金の話をすることはタブーとされているのか、借金して首が回らないとペラペラ話をする人はいません。
住宅ローンで家を買ったぐらいの話はするかもしれませんが、消費者金融に借金があることを話す方は、あまりいません。
仲の悪い夫婦

借金の存在を夫には内緒、妻には内緒、親には言えないなど、今まで家族に黙ってやり繰りしてきた借金返済は自分自身の力ではもう支払えなくなっているのです。

嫁に内緒という方は、たいていギャンブルや友人などとの飲食代などが多いでしょう。 中には場合にはキャバクラにはまっている人、もっとひどい場合には出会い系にはまって借金が出来てしまった人もいました。 「そりゃあ・・奥さんには話せないでしょう。」と言いたくなることもあります。

妻が夫に内緒の場合は絶対に口を割らない

逆に妻が旦那に内緒の場合では、我々の元に相談に来られても、借金の原因については中々正直にお話しされません。
まして、旦那さんに正直に話しましょうと言っても、かなり抵抗をされます。旦那に借金を知られると「絶対に離婚される!」と言われることもあります。

内緒で進められる事情ならいいかもしれませんが、ご主人の協力が必須の場合でも中々お話にはなりませんね!!
実際にご主人に話したとしても離婚に至るようなことは、ほとんどないですが・・・でも、そもそも内緒にしているからこそ、借金が増えていったというのが事実であり、秘密で借金を繰り返し、内緒で解決したいと考えているからこそ悩んでいることに気づくべきでしょう。 ⇒ 夫に内緒の借金

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター

ページトップへ戻る

サラ金用語で「DN」と言うらしい

借金を夫に内緒という事情が辛い状況を生み出します。
なんと、サラ金用語として、旦那に内緒の顧客を「DN」と呼び、DNは他の顧客より回収率がよいとされて、いわゆるサラ金の「カモ」にされていた事実があります。

なぜ回収率がよいかと言えば、夫への秘密を維持するために、支払を怠ってサラ金業者から自宅に電話が入ったり、訪問されたりすることを極端に嫌うからであり、少々無理な貸付を強引に行っても何とか支払を行おうとするからです。それがどんな高利であっても我慢をして無理をしてしまう。

だからこそ、返済を新たな借入を行っても支払おうとするために、短期間で借金が膨らんでしまうのです。
サラ金でお金を借りることも限界があります。 図らずも主婦がヤミ金に手に落ちてしまう原因のほとんどは、このパターンだと言っても過言はないでしょう。

夫婦の間にも秘密はあるかもしれません。確かに、何でも話せば円満になるという簡単なものでもないでしょう。
ただし、借金の話を内緒にすることは頂けません。決まった月収しか無い中で、内緒の借金があれば必ず破綻します。

妻は夫に、夫は妻に対して嘘をついて資金繰りをしなければ返済は叶いません。
特に家計を握っている妻が借金を秘密にしている場合は、その実態を夫に見せられなくなり、何事も隠し、ごまかすことを繰り返すことになります。一度嘘を言うと、嘘をつき通さなければならなくなるのです。
隠しごとをしていると会話もギクシャクするものです。
どちらにしてもお金が足らないのですから夫婦間がうまくいくはずがありません。 借金のために一番大切な家族を失う可能性が高いと言うことです。

相談

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター

ページトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 

当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、奈良の方債務整理相談室過払い金の相談

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved