任意売却がお勧め、住宅ローン中の自宅売買

住宅ローン中任意売却がお勧め

下線1

最近、よく聞くようになった「任意売却」のメリットが具体的にわかりませんが、自宅売買の有効な手段なんでしょうか?
どういったメリットがある事で住宅ローン返済が厳しくなってきた時に考慮すればいいのか、解るようで難しいですね。
どうしても住居「家」には、かなりの執着があるので、手放したくはないのですが、やむを得ない状況になれば、最善の方法を選択したいのもです。
仮に、返済が滞ってしまうと考えられる方法は「任意売却」か「競売」かと思いますが、どう言った違いがあるのでしょうか?

自宅一戸建て

任意売却を選択すると・・

任意売却と一口に言っても、持ち主が自ら行うか、債権者(抵当権者)側から行うかの違いがあります。
前提に、住宅ローンの残債がある場合、債権者の了承がとれなければ、住宅の売却活動を行う事ができません。
もちろ住宅を売却し、残債が残らない場合であっても、了承は必要になります。任意売却と言っても、簡単に手続きができ、住宅売買できるものではありません。

数々のハードルを超え、自ら任意売却ができるようになっても、債権者が了承している売買価格以上で、購入してくれる人を見つける必要があります。
(ここ最近の傾向では、債権者の提示価格が高騰しており、ハードルは上がってきています。)
また、債権者側から任意売却への協力を、持ち主(債務者)に求めてくるケースもあります。
こう言った場合、売却活動の進捗状況など、タイムリーに状況判断できないケースもある為、任意売却を行うのであれば、自ら信頼できる不動産会社に依頼するのがベストとも言えます。

但し、住宅売却後に残債が残る場合は、住宅を売買する事が優先ではなく、住宅ローン問題(借金問題)の解決として捉える必要がある為、債務整理の一環として考えるべきです。
債務整理と考える上では、勝手な判断で住宅を売買する事は回避し、信頼できる弁護士や司法書士と打合せを行い、債務整理の一環として進める方が問題解決の近道になります。
不動産会社にとっての住宅売買は、営利目的が大前提になりますが、債務整理にとっての住宅売買は、ケースバイケースで売却活動を止めてもらう等の融通性が必要になります。
よって、任意売却で進んでいても、途中で一旦売却活動を中断する等の事態もおこります。

可能な限り、住宅ローン中のご自宅売買には、自ら任意売却を行い、進捗状況や要望など打合せが充分にでき、弁護士や司法書士との連絡もしっかり行ってくれる、安心感のある不動産会社を選ぶべきだと思います。

無料相談はこちら ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

「任意売却」から「競売」へ

住宅ローン中とは言え、自らの家は自らの手で売却したいものではないでしょうか?
それには、任意売却を選らぶ事がベストだと思いますが、一日でも長く住む事を選ぶなら、競売も選択肢にあがります。
ただ、競売は裁判所の手続きになりますので、事前に裁判所から執行官が訪問し調査を行いますし、競売物件として裁判所や新聞等に住所が記載される為、不動産会社からの問合せや訪問があり、体裁が気になる方は避けた方が良いかと思います。

住宅ローンの未払いを放置すれば、債権者は「競売」で処理するしか方法がない為「任意売却」を行いたい場合は、早めに意思表示を行い、任意売却を模索すべきです。
結果的に競売になる場合もありますが、できる事があれば、最善を尽くすべきだと思います。
住宅ローンの延滞がおこれば、不動産会社に相談する前に、債務整理の相談を行いましょう。

無料電話相談・メール相談・大阪府下、兵庫県下、京都府下、奈良県下、 滋賀県下での無料相談会など実施しております。

任意売却無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、過払い金請求債務整理相談室大阪

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved