任意売却をよく理解し、約定返済が厳しくなれば早めに相談をしよう。大阪センター

任意売却も有名になりましたね

下線1

まだまだ景気回復を実感できない関西圏では、給料アップやボーナス支給など、現実味を帯びていない話です。
こう言う状況下、重くのしかかるのが各種ボーナス払い。
ボーナス払いと言っても、クレジットカードだけでは無く、住宅ローン問題もあります。

任売のイメージ写真

住宅ローンの約定返済が困難になれば・・

住宅ローンには、変動金利を用いる事が多いですが、中には固定金利のローンもあります。
また、契約直後の返済を楽にする為に、当初5年又は10年の返済額が安く設定されているケースもあります。
各家庭のライフワークに合わせての設定だと思いますが、契約5年後・10年後に大きく返済額が変わるパターンは、厳しい状況を迎えます。

家庭の大黒柱であるご主人の年収が、うなぎ登りに増えると問題ないのですが、年収の増加以上にお子さんの教育費が必要になる場合がよくあります。その結果、住宅ローンの返済をする為に借入を行うケースです。
銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング利用など、借金を借金で返済する構造になります。

「借金を借金で返済」するようになれば、住宅を持ち続けるかどうか?根本的に見直す必要が出てくると思います。
返済が遅れ・遅れになり「競売」になるなら、ご自身の意思で売買する「任意売却」も選択肢に入れ、検討すべきではないでしょうか?
任意売却であれば、競売以上の金額で売買されますし、あくまでもご自身の意思でもって売買する事に意味があるように思います。

誰しも、住宅購入の際、収入は年齢と共に増加し、ボーナス支給もある事が前提で計画をしているでしょうが、現実はかなり厳しく、給与カットやボーナス無しも当たり前になっています。ただ、返済が困難になった場合に、どのように対処し、今後のご家族の生活をいかに守るかが、重要になってきます。
それだけに、放置せず任意売却を含め、住宅問題の解決方法を模索すべきです。住宅ローンも他の債務同様、放置しても何も解決されません。

無料相談はこちら ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

任意売却を確実に行うにはどうするべきかな?

住宅購入は、人生の一大イベントですが、昭和世代と違い、ある程度の預貯金(資金)を用意して購入される方は少なくなっているように思います。

よく目にする、聞き慣れた「フルローン」が典型的なケースです。この場合、家の価値が住宅ローンの残債以上になるには、完済が現実味をましてきた時期と考えるべきでしょう。
要するに購入されたマイホームは、数十年間価値のない物で、売却すると言っても債権者の了承が必要になります。

そこで「任意売却」を行うのですが、売買後に数千万から数百万円の残債が残ります。
通常は、債務整理の一環として「任意売却」を行い、住宅問題の解決と同時に、残債や他の借入についても手続き(自己破産など)を行い、今後の生活再建を進めます。
よって、単純に不動産業者に「任意売却」だけしてもらっても、何ら解決はしません。

大切な事は、債務整理の一環としての任意売却をよく理解し、約定返済が厳しくなれば早めに相談を行い、借金を増やす前に計画的に行うべきだと思います。

無料電話相談・メール相談・大阪府下、兵庫県下、京都府下、奈良県下、 滋賀県下での無料相談会など実施しております。

任意売却無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、過払い金請求自己破産の解説

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved