借金が返済できないとどうなる。返済しないとどうなるの?クレジットカードの借金が

借金返済しないとどうなるのか?

下線1

■借金がどうして増えるの?

現代社会で生活をしていると、当たり前のように銀行口座があり、キャッシュカード、 クレジットカードも持つようになります。
気がつけば、クレジットカードで買い物を行い、 翌月一括払いやボーナス払いなどを利用しますが、落とし穴となるのが月々のリボ払いなのです。

毎月の返済額が一定で、残額にもよりますが、3,000円や5,000円程度の支払いで済む長期コースなどもある為、 リボ残額がどんどん膨らんでしまう傾向にあります。
一括払いと違い、急に多額の出費をしても返済できない心配はありませんが、どんどん膨らんだリボ残額については、返済しないとどうなるのか、大変不安要素を残す事になります。

ライン2

●クレジットカードを賢く使うってどうするの?

最近の傾向は、ポイントが貯まるショッピングストアのクレジットカードを利用し、 リボ払いでの日常生活品の購入や光熱費・ グレジットガートの支払ができない。携帯代の支払いです。
前述したように、毎月の支払額と利用額があっていない為、 ショッピング枠が直ぐに目一杯になり、リボ払いの返済のみ行っていくような状況になります。
こうなると、たちまち毎月の生活費の捻出もできなくなり、「今月の返済ができないのでは?」「借金返済しないとこの先どうなるのでしょうか?」 との不安との戦いになります。

まず、これからカードを賢く利用しようとするならば、毎月必要な経費(生活費や光熱費等) は翌月一括払いが基本で利用し、翌月に返済を終わらせる。
一方、急な出費や高額な支出は、ボーナス払い( もちろん無利子)を活用し、決してリボ払いにはしないようにする。
ご存知だと思いますが、リボ払いの利息は、 キャッシングの利息ほど高くはないですが、10%以上は当たり前です。 間違っても、この先借金返済しない・できない状態を生み出さないように、利息のかかるクレジットカード利用は控えるべきです。

●今ある借金はどうしたらいいの?

一番の問題は、現在多額の残債務を抱え、借金返済しないとどうなるの? と不安な日々を過ごされている方々の解決方法ですよね。 まず、我が家の生活が成立っているかを検証する必要があり、一番の近道は「家計簿」です。

毎月の支出が収入を大きく上回っている状態では、現在の債務問題以上に、この先の生活ができないでしょう。
今まで生活していたのは、借金を増やしていただけで、借金を増やせず借金返済しないといけない状態になれば、 たちまち破綻してしまいます。
ご自身やご家族が抱えている借金については、早急に債務整理(自己破産等)を念頭に、 返済をストップさせ、家計収支の見直しを行う必要があります。
返済しないとどうなるか心配する前に行動を起こしましょう。
同時に「家計簿」をしっかり記入し、収入を上回る支出があれば、家族全員で「節約」を徹底し、収入内に収まる生活を、 全員で身につける必要があるかと思います。

●借金返済できないとどうなるの?

このまま返済をせずに放置すると、給与や口座、生命保険など、他に資産があれば差押されますが、差押に該当するような資産がなければ何も変わりません。
しかし、放置する前に、法律に則り、自己破産や個人再生などの解決方法もありますし、 任意整理や特定調停もあります。
返済できない現実があれば、真摯に受止め、解決する事をおすすめします。

返済できない場合は ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪京都奈良の方過払い金大阪

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved