クレジットカードと借金,クレカ,コラム大阪

現代社会で必要不可欠になっているクレジットカード

2014年2月18日(火)

●クレジットカードは借金と同じ?

現代社会において、クレジットカードは必需品になっていますが、 一歩利用を間違えると借金(多重債務)に繋がります。
クレジットカード画像そもそも、 クレジットカードで買い物をした時点で、借金を負っている状態なんですが、 なかなか意識として支払日に支払う予定をしているので、借金とまでは考え及ばないと思います。

このように、約定返済を行っている状態では、クレジットカードの計画的な利用と位置付けられますが、 返済が遅延するようになれば、明らかに借金(多重債務)への道のりとなります。
今後、どのようにしてクレジットカードと上手く付き合っていくかを考えましょう。

●クレジットカードは本当に便利?

消費者金融とは異なり、クレジットカードを持つ事が借金とイコールにならない為、 申込みのハードルがどうしても低く、イメージとしては、店舗で会員証を作成する程度になってしまいます。

この状況を助長するかのように、ショッピングストアなど店舗が、独自のクレジットカードを作成し、 特典などをアピールする事で顧客の囲い込みを行い、学生でも簡単にクレジットカードを持つようになっています。
簡単・便利でショッピングからキャッシングまで、多機能なクレジットカードは、一番落とし穴になるケースがよくあります。

こう言った特徴をよく理解した上で、有効利用すると、必需品と言えるかも知れませんが、 約定返済が一回でも遅れたり、翌月一括払いの原則をリボ払いにするようになれば、 かなり危険な利用状況になっていると自覚すべきです。
やや返済に黄信号が点滅を始めたら、立止り熟慮する必要がありますが、 一人で抱え込まず早急に信頼できる人や機関に相談しましょう。

●クレジットカードの返済困難になれば・・・

借金問題は、特に相談し難い話であるが故に、少しずつ対応が遅れてしまうケースが見受けられる。
中でも、クレジットカードは前述のリボ払いを活用したり、キャッシング枠が限度額一杯になれば、 ショッピング枠で現金化を行ったりします。
特筆すべき事は、現金化が犯罪行為であるにも関わらず、 若年層で安易に行われている実態が、憂慮すべき内容だと思います。(パソコン・スマホ等からの情報として、 現金化を単なる現金を手にする手段の一つとし、犯罪行為である情報が乏しく、危険な風潮になっている。)

正しい情報から間違った情報まで、年齢を問わず簡単に入手できる現代では、 情報の取捨選択が大きな分かれ道になります。
故に、独りよがりにならず相談をする勇気が必要で、 タイミングは当初の返済が困難になった時期です。
クレジットカードは借金と表裏一体との認識が必要ですね。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

同時廃止とは?  自己破産注意点   住宅ローン延滞問題  家族の借金

≪≪住宅購入のあれこれ      歴史とグルメを楽しむ京都交流会≫≫

ピンチからの脱出 / 資格制限 / 免責されない借金 / 家を売るなら検討

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

自己破産解説京都借金相談兵庫借金相談写真材屋Hoshino過払い請求大阪給与差押え

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved