借金生活からの脱却のために手続きがある。決して自己破産は人生の終りではない。一歩手前

自己破産でピンチからの脱出

「自己破産」のイメージをどのように思ってますか?
よく年配者の方から「人生の終わり」などと耳にする事がありますが、これほど間違った認識はないと思います。
自己破産は「人生を終わらせず」生活再建する為の手段と考えていただきたいのです。
家族と破産

裁判所の役割(マメ知識)

皆さんからの質問でよくある内容が「自己破産」をすれば、裁判所が差押えにきて近所の人に見られ、 恥ずかしいなどと心配されます。

これは大きな間違いで、裁判所(実際には執行官)が差押えに来るのは、 返済ができず放置した場合に、債権者に裁判をおこされ、判決(債務名義)と取られた時、債権者に給与や預金口座、 動産(日常生活に必要としない換価価値品物)を差押えられます。

さて・・・ここで、裁判所の登場です。
元々、債権者に約定返済が困難で、 債務名義をとられ差押えをされた方が、一括返済などできる道理がありません。

では、差押えをされた方は、給与を差押えされたまま生活を続けるのでしょうか? 益々、生活が困窮し日常生活もままならない状態になります。
解決方法は、 債権者に全額返金するか「自己破産」の申立てを行い、 裁判所から「開始決定」をもらい、差押えの取下げ手続きをするしかないのです。

要するに、返済が困難になった場合、 法に則り「自己破産」をする事で、皆さんが恐れている「差押え」を回避する事ができるのです。

返済困難だからと放置したところで、何も解決しないときっとり認識し、 ご自分の生活を最優先に考えるなら「自己破産」の手続きをする必要があるのではないでしょうか?

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

気持ちの役割

ご自分がすべき行動は、ご自分で決めるのです。
その決定権は、配偶者でも親子・兄弟でもなく、 ご自分の気持ちにあるのです。

正しい知識を身につける努力は惜しまずに行い、ご自分で意思決定する事が最重要だと思います。 逆に回りに強制されるべきでもありませんが、ご自身で判断できず、時間ばかり経過するような事態を招くべきではありません。

「首を括るなら腹を括れ」と聞き及んだ際、多重債務問題の真髄だと思いました。
腹さえ括れば、 多重債務から生活再建は十分可能です。

首を括る勇気があれば、十分決断できると思います。本当にご自分の気持ち一つで、 解決に向け出発できるのです。

人生の中で、ピンチは色々と起こります。
ただ、多重債務問題の解決には有効な手段として「自己破産」があります。勇気を出して一歩前に進みましょう。

特定非営利活動法人が債務整理の相談やアドバイスを無料で行なっています。 ご遠慮なくお電話下さい。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加


大阪借金京都,滋賀の借金神戸借金奈良市の方債務整理相談室

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
電話 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved