家族の債務問題 コラム多重債務、借金について語ります。理事長の用山恵子

家族の債務問題

2011年7月10日(火)

債務問題を個人の問題として考えるだけではなく、家族の問題として捉えて貰う事が大切かと思います。

もちろん支払い義務については、保証人や連帯債務者になっていなければ、 ご夫婦・親子・兄弟であってもありません。

家族の写真そんな中、 あえてお話するのは、借金問題を当事者のみの責任として捉え、最期まで解決に至る事が難しいからです。 (手続きとして解決する事は弁護士等に依頼すれば可能ですが、 根本的に依存症を抱えていたりするケースなど多々ありますので当事者だけの問題と考える事は難しいです。) 家族内でおこった問題として捉え、解決し、その後の生活をどのように取り組むかが重要な事です。 真っ先に重要な事、それは家計管理(家計簿)です。
家計管理は基本的にご家族で取り組み、把握し合う事が重要で、 どなたかお一人の責任で終わらせるべき事ではありません。

債務問題を契機と考え、少なくとも「内緒」のないご家庭つくりをしていただきたいです。 その上で、「お金」の問題をタブー視する事なく、話し合える(風通しの良い)土俵を作り、「借金」と言う間違いを防ぐ ように心掛けて欲しいです。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求難しい  民事再生手続   任意整理メリット  任意売却

≪≪借金問題は離婚問題?      債務整理の考え方≫≫

個人再生のメリット / 管財人事件とは

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

自己破産とは多重債務脱出なぜ過払い金が発生債務一本化破産の注意点

スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved