過払い請求裁判,利息制限法、不当利得金返還訴訟、過払い金,返還,借金,大阪京都神戸

過払い金請求は難しくない。

下線1

違法利息は支払わなくてもよい

2010年の法改正にいたるまでの間、サラ金業者の利息は違法利息であり、 ある意味謂れのない請求を我々は受けてきたことになる。例えば、当時超大手企業であったが、 会社更生手続きを行なった武富士も当時年27.375%の利息を徴収していた、しかし法律的に認められている利息は当時も18%です。 しかし29.2%を超えるまでは罰則がなかっため、それをいいことに武富士をはじめ他のサラ金業者も、 違法な利息を取り続けてきました。罰則かないから法律違反をしてもかまわなかったのでしょうか? それを上場企業や一流企業といわれる会社かやることなのであろうか?

それでは、謂れのない請求に応じた、 もう既に支払ってしまった利息を支払わなくてもよい、または返還してもらえることは出来るのでしょうか?

ライン2

●謂れのない請求は、違法利息!

2010年の法改正にいたるまでの間、サラ金業者の利息は違法利息であり、 ある意味謂れのない請求を我々は受けてきたことになる。例えば、当時超大手企業であったが、 会社更生手続きを行なった武富士も当時年27.375%の利息を徴収していた。他の大手も平均年27〜28%前後、 しかし法率的に認められている利息は18%です。しかし29.2%を超えるまでは罰則がないため、サラ金業者は、 それをいいことに違法な利息を取り続けてきました。

罰則かないから法律違反をしてもかまわないのか、 それを上場企業や一流企業といわれる会社かやることなのであろうか?
それでは、謂れのない請求に応じた、 もう既に支払ってしまった利息を支払わなくてもよい、または返還してもらえることは出来るのでしょうか?

ライン2

●過払い金は、裁判を起して請求をする!

裁朽所に持ち込んで、調停や裁判を起すことで達成することが出来ます。
サラ金業者から30万円を借り、 毎月1万円ずつ返済し、2万円枠かできたら2万円借りるとしましょう。以前の利息で計算すれば残高は、 2万円返済するとまた2万円借りるわけですからいつまで経っても30万円のままなのです。法律では18%までしか認められませんので、 これを超えて支払った場合は元金を返したと看做されます。つまり、8%を超える部分の利息は元金に充当されるという訳です。

もしこの計算で6年間支払い続けてきた場合、借金は、なんと0円となっているということになります。
ここに示す法律が「利息制限法」という法律なのです。

ある意味、これまでサラ金やクレジットカード会社に貢いで来た人は考えてみませんか?
過払い金返還請求は、難しい手続きではありません。
弁護士や司法書士も代理人として手続きを行なってくれますので一度相談してみましょう。

過払い金請求無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

借金大阪センター 借金京都センター  借金兵庫センター 債務整理相談室 

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved