雛人形を飾っているお宅などあるものでしょうか。桃の節句、話題コラム

桃の節句、お雛さんですね。。。

2015年03月03日(火)

今日は女の子のお祭りでもある「桃の節句」ですね。
今時、雛人形を飾っているお宅などあるものでしょうか?
なかなか段飾りを飾るスペースなど、有るようにも思えないのですが・・・

時代の経過としか言いようがないですが、自身の子供時代など、友人宅に遊びに行っても、段飾りのお雛さまが飾られていました。
もちろん、3月3日の夕飯は、母の手作りのちらし寿司とハマグリのお吸い物があり、ささやかでもお祝いをおこなっていました。
桃の節句不思議な事に、鮮明な記憶として残っています。

桃の節句こうした伝統的な行事(四季を感じさせる行事)を、手作りながら欠かさず行っていたのが、母親の愛情だったのかもしれません。 決して、華美なものではないのですが、日常と違う時間を過ごす事ができ、今でも思い出される事が素晴らしい事だと思います。

感情的に怒られたり、手を出される事などは一切なかったのですが、厳しさを感じる母親でした。
しかし、幼少期の記憶の中には、いつも傍らに母親がいるのです。

色々な行事を思い出しても、母親が姿が出てくるのです。
金銭をかけず、華美な事は決して行いませんが、手間暇を惜しまず、色々な行事を楽しませてくれていたのが母の存在だと認識しています。

子育てが一段落した私にとって、自身の子供にも多くの思い出が残せたのか?不安が一杯です。
古き良き伝統を、少しでも踏襲できれば、何よりではないでしょうか?
今一度、原点に戻り、手間暇かけて何かを行ってみたいと思います。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産相談  民事再生手続とは   現行利息法制  裁判所の郵便物

≪≪微笑ましい話題の到着!!      えべっさんにお参りします!≫≫

京都無料相談 / 任意整理事例 / 過払い金請求 / 妻に内緒の借金

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

自己破産の解説過払い請求相談室債務整理相談室               

スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved