HOME -> 借金問題解決のための大阪事務局ブログ |借金相談 大阪

サービサーが積極的に裁判を・・・

2017年10月21日
ここ最近は、大手法律事務所の業務停止で困った方のご相談もありますが、簡易裁判所をはじめ、特別送達を受け取り、どう対処すればいいかお困りになり、お電話をいただく事がよくあります。
その中でも、目立っているのが、サービサー(債権回収会社)からの裁判です。

クレジットイメージ

かつては、消費者金融(サラ金)や信販会社(クレジットカード会社)からの裁判問題で、よくお電話をいただいてましたが、最近は圧倒的にサービサーのお名前をよく耳にします。
特に、住宅ローンの残債で裁判をおこされ、給与の差押えにまで至っているケースもあります。
(返済困難で、任意売却を行った際に、通常はかなりのローンが残りますので、債務整理を行います。が、少額返済を行っていれば、自己破産などしなくて大丈夫!!等の説明を受け、債権者から連絡があるまで放置したり、少額を振り込み続け、安心している方もおられます。もちろん、裁判になっても特に対処する事なく、安心している方もおられます。)

今は、金融機関もサービサー等も、不良債権の管理をしっかり行い、時効になる前に、積極的に裁判を進めているようです。
(加熱した過払い請求や、金融機関の統廃合が推し進められていた当時とは違うようです。)
現在「時効の援用」ができないような未払い債務を抱えている方は、安易な考えで放置せず、債務整理を真摯あんに考えるべきだと思います。
行動が一歩一歩遅れる事によって、ご自身やご家族の生活を脅かす事態になる自覚は必要だと思います。
未払いになっている、未払いになりそうだ!!こうような状況になれば、放置をせずに、ご相談のお電話を勇気を出して行ってください。

サービサー(債権回収会社)とは

過剰反応する前に・・・

2017年07月27日
ここ最近、パルティール債権回収(株)からの債権譲渡通知書ついてのお問い合わせがよくあります。
よくよくお話を伺いますと、請求元本は少額(1万円程度)である事、かなり以前(5年から10年以上)から返済が滞っている事が大半です。
このような通知書が届く事で、過剰反応を起こすべきではありません。

前述のケースが多くある事を考慮すれば、軽率に動かず「時効の援用」で解決する方法も模索すべきです。
突然の通知に、心覚えがあると「通知書」がとんでもない物になり、解決を急がないといけないと判断する方も見受けられます。
元本は少額でも、5年や10年、10年以上滞納している債務は、結構な金額になっている事もあり、余計にプレッシャーになるようです。

ご自身で直接連絡をとり、元本だけの支払い交渉を試みる方や分割での返済を相談される方まで、様々おられますが「時効の援用」を考えた場合、直接連絡は一番さけるべき行動です。
突然、非日常が襲ってくるケースは、それほど頻繁にはありません。
ご自身だけで解決を試みる前に、何か有効な方法(対処)がないか、立ち止まる事を忘れずに、早めの相談を行って欲しいと思います。

なんと言っても、相手の行動に過敏に反応する事だけは止めましょう!!
それこそ、相手の思う壺です。
内容がわからない通知書が届けば、軽はずみな行動をする前に適切な相談をうけましょう。
そう言った心がけが、巧妙な架空請求等にひっかかるリスクを減らす事にも繋がり、全て一呼吸おいてからの行動を常日頃行いましょう。

覚えてない借金督促状

サービサー(債権回収会社)とは
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
サイトメニュー
借金相談大阪HOME
債務整理
自己破産
個人再生
任意整理
特定調停
住宅ローン延滞
貸付自粛制度
無料借金相談案内
お悩みQ & A
借金消滅時効援用
クレサラ被害とは
理事長コラム
強制執行
支払督促とは
プロフィール
特定非営利活動法人
消費者サポートセンター
理事長 用山恵子
会員のページ被害者交流会
2019年 02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事