HOME -> 借金問題解決のための大阪事務局ブログ |借金相談 大阪

2020年10月

時効の援用は簡単そうですか?

2020年10月19日
新型コロナの一段落とともに、債権者からの通知や裁判所からの特別送達の相談が多くなっています。
経済が停止しているような一時期でしたが、最近、徐々に戻りつつあるように思います。
よって、延滞中の債務に関しても督促・催促が活発化しているようです。

ここで忘れてはいけないのが、行政への納付問題です。
今年の緊急事態では、今年の納付分に関して、減免も十分可能と言えますが、滞納分に関しては、厳しい回収が、そろそろ行われているようです。

行政からの債務(借金)も一般の債権者と同様で「時効の援用」が可能なケースがあります。
「時効の援用」で解決が可能であれ選択肢として考慮すべきです。
が、どう言った債務も長期間放置すれば、簡単に「時効の援用」ができる!!と感じているのでしたら、安易過ぎるように思います。




いつになったら、平凡な日常生活になるのやら・・・

2020年10月18日
日本の首相が菅首相になり、1ヶ月経過しましたが、未だに官房長官のイメージがあり、首相の発言として耳に入らない状態です。
それほど、安倍首相が長かったーーと。

政治は、日々の生活に直結しながら、身近に感じられないものですが、今回の「go toキャンペーン」だけは生活に入り込んでいるように思います。
日本の超賢い官僚が考えたわりには、大きな問題点が続出し、運用しながらの変更ありきになっているように思います。
ただ、毎回毎回、予算の中に潜んでいる手数料(人件費含む)の金額に、驚かされています。
民間企業のように、経費の節減!!なんて感覚、まったくないようにしか思えません。

今までの、何気ない日常生活を取り戻す事の難しさを、痛感する今日この頃です。

日常生活を取り戻し、生活の充実を!!

2020年10月17日
今日は、秋雨前線の影響か、シトシト雨が降っています。
一気に寒さが到来し、今年は順調に秋が訪れ、冬になりそうです。
昨年、満足な紅葉を見る事が出来なかった為、今年は今から楽しいです。

新型コロナの問題もあるので、屋外のレクレーションは貴重だと思います。
今年こそ、大満足いくように紅葉を満喫したいと思います。

皆さんも、用心をしながら、日常生活を取り戻していきましょうね。。。
怖がってばかりではなく、正確な情報を収集し、対処方法を考える事は大切です。

養育費の未払いは・・大敵ですよ。

2020年10月16日
今でも時々あるのが、養育費の未払いによる給与の差押え相談です。
離婚時や調停中、共通の友人・知人がいる場合、現在の勤務先を把握されている事がよくあります。
こう言ったケースでは、決まった養育費を支払わない限り、間違いなく給差しをしてきます。
一旦、給差しになると、将来の養育費まで毎月差押えとなります。
滞納分のみ支払えば解決できる・・なんてあまい話はありません。

養育費問題については、給与の差押えも厳しい為、何があろうとも支払いは行うべきです。
未払いにする多くの原因は、お子さんに会えないから支払わない・・とよく聞きますが、まったく別問題の為、自分なりの判断は決してしないようにしましょう。
しっかり、約束は守りましょう。

借金(債務)問題は、自然に解決しません!!

2020年10月15日
最近の相談内容は、時効間近の案件に対しての、取立関係が多いように思います。
裁判所からの特別送達(郵便物)や自宅訪問も行われるようになってきています。
新型コロナで、自粛一色の頃にはない動きが、かなり見受けられるご相談です。

最近は、債権者もみすみす時効になるような事はせず、積極的に回収に動いています。
もう、コロナの影響は落ち着いてそうに感じます。
よって、督促や催促が一段落し、借金問題が解決したように勘違いしていると、急に自宅訪問や会社に電話、中には給差しに至ったケースもありました。

何より残念な事は、かつて相談に来られた方が、大丈夫と自身で判断し、放置したままで、給差しになり連絡がある!なんて事態もあり、やや危機感をもっています。
傷口が広がる前に、返済が滞る事態になれば、早めの相談・債務整理を考えるべきです。

新型コロナも一段落?

2020年10月14日
最近、相談電話が多くなっているように思います。
内容は、裁判所からの郵便物やサービサーから、金融機関から。
自粛モード一色の時には、裁判所をはじめ全てが停止していましたが、どんどん回収の動きが活発になってきているようです。
「時効」を意識したような動きもみられます。

会社倒産や業務縮小などに伴う、失業者も多々でている今、衣食住の確保が最優先です。
が、裁判所からの郵便物だけは、きっちり受取、内容の把握に努めましょう。
もし、不明な点があれば、放置をせずにどんどんご相談電話をしましょう。
少しの対応間違いで、大きな問題になることもありますので、しっかり処理するようにしましょう。

失われた約半年の間に、大きな変化がでているかも?と感じながら、一刻も早く元の生活(日常)を取り戻すようにしましょう。

生活確保を優先し、必要に応じて債務整理を。

2020年10月13日
今年は、新型コロナに始まり、新型コロナで終わりそうですが、人々の生活に与えた影響は、計り知れないものがあると言っても過言ではありません。
どれだけ多くの企業が倒産し、どれほど多くの人々が職を失ったか・・・
有名店も閉店し、上場企業も倒産状態に。
このような事態を誰が想像できたでしょうか?

何よりご自身とご家族の生活を確保する事が重要で、債務問題を抱えている場合は、早期のご相談をするべきです。
余裕を持って、債務(借金)の支払いができる方は心配ないでしょうが、ギリギリ若しくは目処が立たないようであれば、可能な限り早期の行動を促します。

今回の特別な事態は、リーマンショク程度ではありません。
誰しも経験した事がない事態ですから、ご本人がたてていた返済計画も行き詰まる事は当たり前です。
恥ずかしい話でもありません。
勇気をもって、とるべき行動をおこしましょうね。。。

「自然」は偉大だなーー

2020年10月11日
今年も台風の襲来を受ける事態となりました。
毎年の事ではありますが、避けようもなく対策を行っても被害がでるものです。
本当に「自然」は怖いものです。

今回の台風は、進むスピードが遅かったため、長期にわたり雨が降り続いていました。
今日は、天候が回復し久しぶりに日光を浴びる事ができました。
本当に気持ちの良い日となりました。

「自然」は偉大で、日光も「自然」そのものだと実感した1日となりました。

日常生活の大切さ!!

2020年10月09日
新型コロナウイルスに気をとられていると、大型台風が接近しています。
今年は、次から次へと色々な事がおこり過ぎる年ですね、
令和にかわり、心新たに・・なんて考えていましたが、思うようにならないものです。
これ以上、コロナ問題に振り回される事なく、自然災害の被害もでる事なく、平穏な日々を過ごしたいものですね。

何気ない日常生活の大切さ、痛感している日々です。

新型コロナ禍にどうのように生活するか?

2020年10月08日
新型コロナの影響で、お仕事を失う方や大幅な給料ダウンになった方が多くおられます。
これまで順調な生活を行っていた方にとっは、大ダメージです。
ダメージですめば良い方で、破綻を来している方も多く見受けられます。
その為、ご本人すら状況を把握しきれず、ローンやクレジットカードの支払いに困る方が増えてきています。

今は、各種利用可能な救済策を探し、活用し、生き延びる事が最優先です。
生活の基盤作りができれば、各種支払いについて検討し、今後の目処が立たないようであれば、日常生活を最優先し、債務整理を行う事を考えるべきかと思います。

過去に経験したことがない非常事態です。
ご自身・ご家族の生活を守る事が何より重要で、最優先すべきです。
考え方の順序を間違えないように。。。
サイトメニュー
借金相談大阪HOME
債務整理
自己破産
個人再生
任意整理
特定調停
住宅ローン延滞
貸付自粛制度
無料借金相談案内
お悩みQ & A
借金消滅時効援用
クレサラ被害とは
理事長コラム
強制執行
支払督促とは
プロフィール
特定非営利活動法人
消費者サポートセンター
理事長 用山恵子
会員のページ被害者交流会
2020年 10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事