HOME -> 借金問題解決のための大阪事務局ブログ |借金相談 大阪

債務整理の選択肢はありますよ。

2020年02月11日
債務整理と言っても、手続きには色々あります。
よく耳にするのが「自己破産」でしょうか?
言葉の響きに今でも嫌悪感をもたれる方は多くおられますが、この現象が債務整理全般の決断を鈍らせ、取り返しのつかいない事態を招く事があります。

もちろん「借りた物」は「返す」が原則ですが、経済活動をする中で、借りすぎてしまったり、ご自身の生活環境の変化で「返せなくなる事」は起こりうる話です。
実際、返せなくなった時に「どう解決するか?」がとても大切な事だと思います。

間違った選択で、自死や家族離散なんて事も多々ありました。
追い詰められ、選択肢がなくなり、一番不幸な事態を招いてしまうのです。
「自己破産」も法治国家である日本の正常な選択肢です。

ご自身・ご家族・お身内がご本人を追い詰めるのではなく、多くの選択肢がある事や相談窓口がある事をご本人に理解してもらい、より早く正常な日常生活をとり戻すように進む事が一番だと思います。

お身内の債務問題は放置できませんね。

2020年02月10日
急に寒さが厳しくなり、体調管理が難しい季節になってきました。
暖冬と甘く考えていたことが失敗ですね。
冬本番の中、新型コロナウイルスの問題もあり、無駄な外出は極力避ける一方になってきました。

このような状態の中でも、深刻な債務相談はあり、問題解決の難しさを痛感します。
債務問題は、ご自分の事であれば、決断と同時に解決に向け進めますが、ご家族やお身内の問題は、いくら一部当事者であっても、ご本人の債務については、何一つ手出しを行う事ができません。
ご自分に降りかかる債務問題のみ解決する事ができます。

大変なジレンマを感じ事になりますが、根気よく説得するしか根本的解決を行う事ができません。
お身内にはこの先「相続」なんて問題も発生してきますので、他人事として放置する事態は避けたいもので、解決できるなら解決すべき問題だと思います。
< 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >
サイトメニュー
借金相談大阪HOME
債務整理
自己破産
個人再生
任意整理
特定調停
住宅ローン延滞
貸付自粛制度
無料借金相談案内
お悩みQ & A
借金消滅時効援用
クレサラ被害とは
理事長コラム
強制執行
支払督促とは
プロフィール
特定非営利活動法人
消費者サポートセンター
理事長 用山恵子
会員のページ被害者交流会
2020年 10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事