HOME -> 借金問題解決のための大阪事務局ブログ |借金相談 大阪

2019年02月11日

まだまだ税金滞納問題は続きます。。。

2019年02月11日
今年になってからも、税金滞納による給与や口座の差押え相談がよくあります。
事情を伺えば、本当に納付が難しいと思われるケースも見受けらレますが、生活改善を行うべきお話も多々あるかと思います。
生活改善については、債務問題でも同様のケースがあります。
こう言った場合、家計をご夫婦で共有していない事が多々あり、一方が節約や不足分の補い方を考えている中、他方は計画性もなく使っている状況があります。

特によく滞納がある住民税は、所得や扶養人数に応じて算出されていますので、不公平感の少ない税金といえます。
よって、滞納が発生するケースは、不慮の病気・怪我・災害などが考えられますが、そう言ったイレギュラー以外で発生するケースは、身の丈にあってない生活に起因する事がよくあります。
原則、前年の所得に対して算出されますので、誰しも就業1年目には納付していません。
よれ故、翌年に納付する税金分を残して、生活をする必要がある事を自覚しないと駄目ですね。

一旦入金された給与を、全額使ってしまう気持ちもわかりますが、せっかく働いて手にした給与ですから、わずかでも預貯金する気持ちは大切かと思います。
まず、身の丈にあった生活を行なう事が最優先で、税金の滞納があれば自ら分納のご相談に直ぐに行くべきです。
納付困難な理由の説明ではなく、前向きに不必要をそぎ落とした家計の中から、納付できる金額交渉を行うべきです。
原則、税金の納付が借金(もちろん車のローン含む)返済より優先です。
一番、忘れてはいけない事です。
サイトメニュー
借金相談大阪HOME
債務整理
自己破産
個人再生
任意整理
特定調停
住宅ローン延滞
貸付自粛制度
無料借金相談案内
お悩みQ & A
借金消滅時効援用
クレサラ被害とは
理事長コラム
強制執行
支払督促とは
プロフィール
特定非営利活動法人
消費者サポートセンター
理事長 用山恵子
会員のページ被害者交流会
2019年 02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事