借金相談 NPO消費者サポートセンター借金相談 NPO消費者サポートセンター/多重債務大阪

住宅ローンのボーナス払いについて

住宅ローンのボーナス払いについて

最近は、住宅ローンを組む時に毎月均等払いをするご家族が多くなりましたが、まだまだボーナス払いを併用されているご家族も多くおられます。
ボーナス払いを併用すると、月々の支払いが楽になるので、ボーナスを安定して支給される方にとっては、好都合と言えます。しかし、住宅ローンのように数十年間返済を必要とするローンについては、かなり危険な選択と言わざるをえません。

支払いできない状況と言うのは、ボーナの大幅な減額やボーナスカットが主な原因だと考えられます。そうなると、月々の給料も減額されている事態が推測でき、全体的な収入ダウンが支払いできない現実を作り出しています。

家族とボーナス悩み

支払いできない状況が生み出す現実

では、現実に住宅ローンのボーナス払いが支払いできなくなると、どうのように解決する事ができるのか、考え行動する必要がでてきます。まず、家計管理を見直す事から始め、現実の収入ダウンが一過性のものかどうかの判断が必要です。
この時、希望的観測は入れず、現状をしっかり把握し、一年間の住宅ローン額を捻出できるか判断しなければなりません。

仮に、支払いできるのであれば、ボーナス払いを月々均等に組み替え、今後の支払い計画を立てるケースもあります。
しかし、そもそもボーナス払いに関係なく支払いできないのであれば、住宅を手放す決断も必要になってきます。
よくある場合が、ご主人が副業を始めたり、奥さんが無謀なパートを行い、何とか支払いできる状況を作り出すのですが、長続きしない結果になるのです。

購入した住宅を手放す決断は、簡単な話ではありませんが、無理・無謀な生活を強いてまで、ご家族が維持しなければならないものでしょうか?
住宅はご家族の生活の為にあるもので、家族団欒の時間やレクレーション等すべてを犠牲にしてまで固持するものではないかと思います。住宅の為に生活をするような本末転倒にだけは、ならないように考えるべきではないでしょうか?

冷静な判断の結果、住宅ローン(ボーナス払い含む)の支払いができないなら、放置する事なく任意売却などの有効な売却方法も検討するべきです。

住宅以上に大切なご家族の生活

ご家族だけで決断できないような場合は、早めに相談を行い、今後の生活に少しでも有効な手立てを講じるべきです。
無駄なローン支払いを早急に停止し、今後の生活設計を前向きにどんどん行うべきです。
これから起こる出来事には、大変不安を抱きますが、内容を把握しておけば、心配事はなくなります。

住宅ローンが支払いできないケースは、誰にでも起こるえる事態ですし、給料ダウンもボーナスカットも個人の責任だけが問われる話ではありません。何よりも大切な今後の生活に目を向け、一歩一歩進む事が最重要課題だと思います。

特定非営利活動法人が住宅ローンについての相談やアドバイスを無料で行なっています。ぜひお電話下さい。

お電話で案内相談 メールで案内相談 トップページへ

住宅ローンのメニュー

運営について

        

パソコン版サイトへ移動

■無料相談会開催

メールで案内相談お電話で案内相談トップページへ

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
ライン2 06-6782-5811 メールで案内相談 多重債務・無料相談会案内 アクセス 多重債務から脱出 会員のページ被害者交流会 京都散策しました 自己破産とは 個人再生とは 任意整理とは 特定調停とは 貸付自粛依頼 住宅ローン延滞 借金お悩みQ & A 借金相談掲示板 消滅時効の援用 給料の差押え解除 サイトマップ 事務局ブログ 自己破産の解説 パソコン版サイトへ移動
  • home
  • back
  • pagenewtop
Copyright © 2005
NPO消費者サポートセンター大阪.All rights reserved.