奨学金について、教育費を捻出するために利用されるが債務の返済できない。支払ができない返還困難。大阪センター

返還困難になる奨学金

今の日本では、高等教育が当たり前となり、大学進学についても50%前後の進学率を誇るようになってきました。しかし、その一方では、教育費を捻出する家庭(両親)の収入は頭打ち、若しくは減少傾向にあり、決して楽な状況にはありません。

このような現状より、昨今では高校や大学の進学に際して、奨学金を借り受けるケースが当たり前となっています。もちろん、奨学金には返還義務を負わない給付型の制度もありますが、大半が返還義務を負う貸与型です。特に、大学進学に利用する奨学金は「日本学生支援機構」で、旧日本育英会です。

大学のキャンパス

ポピュラーになりつつある奨学金

かつては、住宅購入資金や教育資金を各家庭で、相当額準備しているケースが大半でしたが、現在は「頭金0円」で住宅を購入し、奨学金で進学するようになってきました。
その為、ご家庭にによっては子供の義務教育終了と同時に、奨学金を借り受けなければならない場合もあります。
それほど、進学(高校や大学、専門学校)する事に対して、奨学金の役割は大きくなってきています。
結果、大学を卒業して社会に巣立つ頃には、数百万円の返還義務を負っての出発になる事も珍しくありません。

奨学金の返還方法の改善点は?

現在、奨学金の返還に関しては、猶予申請を行えば一定期間(10年間)は猶予されますが、その後には返還が始まります。
社会に出て、安定収入を得るようになれば、奨学金の返還は可能になりますが、全員が可能な状態とも言えません。
また、結婚・出産により、男性でも女性でも生活がギリギリになり、返還を継続する事すら困難になるケースも多々あります。

最近では、奨学金を積極的に回収(裁判を行い、給与の差押えなど)するようになってきた為、返還困難な場合は、自己破産を検討する方々も多くなってきました。しかし、今のように保証制度がない時代は、親族に保証人をつけている為、自己破産等を行いたくても身動きとれない場合が見受けられます。
そこで、返還方法にもう少し工夫をできないものかと思います。
少なくとも、今の諸事情をふまえた猶予期間と子育て中は無条件(末子が成人するまで等)で猶予を行い、最終は年金からの返還を行えば、巡り巡って奨学金の財源を確保できるように思います。

奨学金の財源は、今後の学生に必要である為、可能な限り返還方法を考慮すると同時に、無理な返還を強いる事で放置する方々出ないようにする必要もあるかと思います。

借金無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

大阪借金京都,滋賀の借金神戸借金奈良市の方自由財産の説明

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
電話 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved