利用者の解決事例,夫に内緒の借金、大阪、神戸、京都

夫に内緒の借金 相談者の解決事例

下線1

●離婚まで考えていた事例

夫に内緒の借金をどうしても言えなくて・・・

神戸市20代 女性 借入 6社総額430万円

結婚前から利用していたクレジットカードがありましたが、私も働いていたので夫に内緒のまま利用を続けておりました。
しかし、妊娠してしまい仕事を退職することになりました。私自身の収入が途絶えてしまったことで、借金返済のやり繰りが難しくなってしまい、借りては返す生活を余儀なくされました。

本当にいつも心苦しい毎日を送っていたのです。
クレジットカードの枚数を増やし、借入額の増額もして、借入と返済を続けていましたが、とうとう融資枠が限界になり、夫や子供たちに迷惑をかけるぐらいなら、離婚した方がよいと思い、夫に離婚してほしいと伝えることにしました。

夫に内緒の借金夫婦しかし、夫は離婚は承知してくれず、そのまま夫に連れられてNPO法人消費者サポートセンターに相談に行きました。
相談して解ったのですが、私の想像していたことは、すべてが見事に杞憂に終わりました。

私の場合は、借金額が過大なので自己破産することになったのですが、自己破産をしても家族の将来に影響もなく、私自身もしばらくの期間はローンが組めないぐらいのことで、それ以外は特に今後の生活に影響がないことが解りました。

私は夫が怒って叩かれても仕方がないと思っていましたし、離婚も覚悟していたにもかかわらず、相談員の方が話してくれた、誤解や間違った認識から引き起こす、数々の不幸な事例を聞きながら、慌てず一緒に考えてくれた夫の優しいさに心から感謝致しました。そして、なぜもっと早く夫に打ち明け相談しなかったのだろうか、と深く後悔いたしました。

消費者サポートセンターの相談員の勧めで、弁護士さんを紹介してもらい自己破産手続をお願いすることになりました。
その後無事に免責がおり、借金も全てリセットして、新しい生活を始めることが出来ました。
親身になって相談を聞いていただきました消費者サポートセンターの相談員の方、弁護士さんに感謝申し上げます。
そして、夫に感謝!ありがとう。

借金問題無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、奈良の方過払い金請求相談自己破産解説

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved