妊娠・出産にかかわるし返済不能、債務整理,借金問題と家庭問題について。

なぜ妊娠・出産で借金問題に?

下線1

返済困難になる理由は・・・

女性にとって、人生の中でも大変嬉しい妊娠・出産の際に月々の返済が困難になり、 大変困ってしまう方がよくあります。

妊婦の借金問題そもそも結婚前にあったクレジットカードや銀行カードローンの借入れをご主人に話しておらず、 ご自分の収入より返済していた場合など、ご自分に収入があれば返済可能ですが、 妊娠に伴い就業困難になった時点で返済不能になります。

また、結婚前に妊娠した場合など借入れについて話す前に結婚話となり、 打明けそびれた方や結婚後に家計を任され、月々の不足をご主人に話せず、ご自分名義で借入れを増やし、 相談前に妊娠が判明しタイミングを失ってしまった方など、色々なケースがあります。

中には、ご実家(特にお母様)に相談し、助けていただける方もありますが、現在のように景気が悪く、 将来の年金もあてにならない時代では、ご相談を受けたご実家もお困りになる場合が多く、母娘でご相談に来られる方もおられます。

どう言ったケースでも、一番ご相談すべき相手(ご主人)に今更話せない状況になっている為、 嬉しさ一杯の妊娠中の妊婦が大変苦しむ事になります。

ライン2

●妊娠・出産を心から喜べる状態に動く必要性

本来、ご夫婦にとって大変喜ばしいお子さんの誕生を何の心配もなく迎える為に、 ご主人に打明け共に解決に向け頑張る事が最優先に望ましい状況です。
しかし、ご主人に簡単に打明けられるくらいなら、 一人で苦しんではおられないと思います。

ただ、一人で抱え込んでも解決できる話ではありませんので、冷静に解決方法を模索する必要があります。
それには、借入れ額や取引期間、今後の返済能力の有無などをトータルで考え、 一番今後の生活に負担のない方法を選択する必要があります。

こう言った内容をご自分で客観的に考察する事は大変困難な為、ご相談窓口に早急に出向いて欲しいと思います。
まだ、ご自分が働いている状況では大丈夫!!と勘違いしてはいけません。妊娠がわかり、無理なく動ける間に相談 (解決方法の選択)し、快適な妊娠生活から出産をを迎えていただきたいと思います。
身が一つならできる事が多々ありますが、身が二つになるとしばらくは何もできません。だからこそ、 早め早めに解決の向け動いていただきたいと思います。

最後に余談ですが、ご自身が選ばれたご主人を信頼されてはいかがですか?過去の相談を紐解いても、奥さんに債務(借入れ)問題が 出て、激怒しご離婚などになったケースは知る限りございません。
男性の包容力は、素晴らしいのもだと常日頃、感じています。

まず心配なら、ぜひ、私どもにご相談下さい。解決方法もアドバイスします。どう言った解決方法があるかをご自身で理解されてから、ご主人にお話されてはいかがですか? 

借金問題についての相談とアドバイスを行っています。NPO法人なので、すべて無料です。

無料相談は ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪京都奈良の方債務整理相談室大阪自己破産解説

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved