◆法律扶助で債務整理◆

法律扶助制度とは?
お金が無くても債務整理は可能です。

●裁判を受ける権利は、憲法により国民に保障された基本的人権です。  しかし、いざ裁判を起こしたい、あるいは、突然裁判の被告として訴えられたといった場合、知っている弁護士もいなければ弁護士費用をすぐには用意できない、ということで頭を抱えてしまう方々が少なくありません。 平成12年10月に施行された「民事法律扶助法」により、全面的に国費による運営が実現され、これまでは実施されていなかった、「書類作成のみの代行」も国費による法律扶助事業の1つとして利用できるようになりました。弁護士を代理人に付けるほどではないが、専門的な書類作成は自信がないという方には是非利用して頂きたい制度です。書類作成の代行は主として選任された司法書士が担当します。 さらに平成18年10月より、民事法律扶助は独立行政法人「日本司法支援センター(愛称:法テラス)」に全業務が移行しました。国民の裁判を受ける権利がより充実されることを期待しております。  そのような方々の悩みを少しでも解消すべく、「弁護士費用等の立て替え」と「弁護士等の斡旋」を企図して創設されたのが、法律扶助制度です。 法テラス(旧法律扶助協会)は要件を満たせば、手続き費用を立て替えてくれます。あなたは当面、裁判所の予納金2万円ほどと5千円の月賦金を用意すれば自己破産が出来るということです。
 ▲ ページTOPへ

自己破産について


法律扶助制度の詳細の相談は
消費者サポートセンターでも相談受け付けています。

無料電話相談
TEL:06-6782-5811
AM9:00〜PM9:00
土日祭日もOK

相談員が直接ご相談を
お聞きします。

メール相談
24時間受付中

無料相談会予定


借金・債務相談
相談方法
無料メール相談
借金減額/引直計算
自己破産
個人再生
任意整理
特定調停
借金相談TOPへ