過払い金を取り巻く環境,相談 大阪、神戸、京都

過払い金を取り巻く環境

下線1

数年前からTVコマーシャルで知名度がアップした過払い金ですが、最近下火になってきましたね。
そもそも、債務整理の一環として行われていた「過払い金」請求が、いつしか一人歩きして現在に至りました。
その影響で、サラ金大手の武富士をはじめ、街中で見かけていた「街金」も目にしなくなりました。
環境としては、健全化されたように思います。
過払いのお札

過払い金請求の注意点

では、現在の過払い金返還状況はどうなっているのか?
金融機関は、経営上疲弊し吸収合併も多々行われました。
現在残っている金融機関は、これからの「過払い金」請求にも耐えうる力が残っている企業と認識して問題無さそうですが、万全とは言えません。

過払い金請求が可能な方については、早急な対応が必要かと思います。まして、請求に関しては時効の問題もある為、いつでも請求できるものではありません。
まず、完済されている方であれば、10年以上経過していると請求困難ですし、仮に完済が10年以内であっても取引途中に1年以上の分断があれば、途中までの取引に関しては、時効になっているケースもあります。
こうした事を含め、いずれにしても裁判(不当利得の返還請求)を起こさないと、金融機関から請求額相当を返金される見込みはないでしょう。

実際に過払い金請求を行うには・・・

過払い金は、計算すれば簡単に返金されるというものではありません。 返金を真剣に行おうと思えば、過払い金額を把握する必要性もありますし、請求額に応じた請求方法を考える必要もあります。

ごく少額の過払い金であれば、裁判そのものの必要性も考慮すべきですし、裁判を行うにも請求金額に応じて管轄する裁判所(簡易裁判所又は地方裁判所)が異なります。
こう言った、数々の問題点及び、依頼(弁護士や認定司法書士)する場合の注意点など、よく考慮して過払い金請求を行うには、正確な情報収集が必要不可欠です。

金融機関各社の過払い金に対する対応策も変化する中、最新の情報が大切ですね。
過払い金について不明な事、過払い金計算ができない等、お困りであれば、いつでもご相談下さい。

無料相談 ⇒ NPO消費者サポートセンター大阪

ライン2

大阪神戸京都、滋賀、奈良の方債務整理相談室過払い金請求

借金相談大阪
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6
TEL 06-6782-5811
MAIL
携帯サイト http://www.syouhisya.org/i/
スペーサー1
スペーサー2

Copyright©2005 特定非営利活動法人 消費者サポートセンター大阪 All Rights Reserved